★茶道具と抹茶の店 明和茶道具店★
ホームページへ 発送送料 支払方法 割引情報 連絡先 特定商取引法

会員/初めての方
ID:
PASS:
新規会員登録
ID・パスワード?

クリック
新商品
お勧め
注目、人気
カレンダー

キーワード検索

and or
円以上
円以下

商品番号で表示

カテゴリ一覧

カテゴリ別一覧
円以上
円以下
から
件を

メルマガの購読
E-mail:
購読解除
商品詳細ページ

宗完宗匠自画 岩崎新定造 膳所焼 「椿ノ画」茶碗

宗完宗匠自画 岩崎新定造 膳所焼 「椿ノ画」茶碗
 

作者:膳所焼窯元 岩崎新定

膳所焼について

膳所焼は徳川初期の元和年間に陶器を作りはじめておりましたが、寛永13年に時の膳所藩主、石川忠総が当時の茶博士、小堀遠州の指導を得て遠州好みの茶器を焼き始めました。
初期の作品は大名間の贈答用として造られたもので精選した原料を用い、熟練した工人の手になるもので、茶入れ、水指が多く見られ、中興名物にも大江、白雲なる銘の茶入れが取り上げられております。
中期には藩主の庇護の下に細々と仕事が続けられておりました。天命年間になりますと土地の人小田原屋なる人が交趾風の梅林焼と称する陶器を始めましたがまもなく中絶し、続いて雀ヶ谷焼きなる名の下に明治11年まで続けられましたが、経営困難のため廃窯の止むなきに至りました。

大正8年、膳所の人岩崎健三、名窯の廃絶を惜しみ山元春挙画伯とはかり、その再興に生涯をかけ途中非常な努力を以って維持経営に努め、茶器製作においては遠州七窯のひとつとして恥ずかしからぬものとなり続いて健三の長男、新定その業を継ぎ、今日では陶磁器業界はもとより茶道界においても膳所窯は著名な存在となっております。

・[品番]商品名 [10026] 宗完宗匠自画 岩崎新定造 膳所焼 「椿ノ画」茶碗
・商品価格 188,370 円/個 (うち消費税額(税込) 円)
会員価格: 150,696円/個
(税込)
・規格

・在庫
・カテゴリ 抹茶茶碗
マイリスト

戻る

この商品に関連する商品です。併せてご覧下さい。

本ホームページ掲載内容の無断転載を禁じます。
Copyright(c)1997-2009 MEIWA Corporation All right reserved.

Chama Cargo©Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved